【競泳】200平泳ぎV逸の渡辺一平 日本選手権でリベンジへ「2位で代表権なんてほしくない」

2021年02月07日 23時42分

2位に終わった渡辺一平

 競泳のジャパンオープン最終日(7日、東京アクアティクスセンター)、男子200メートル平泳ぎ決勝は日本記録保持者の渡辺一平(23=トヨタ自動車)が2分7秒54で2位に終わった。優勝は2分6秒74で佐藤翔馬(19=東京SC)。

 前半からペースを上げて勝負に臨んだ渡辺だったが、わずかの差で佐藤に及ばなかった。

 昨年12月の日本選手権では優勝を飾りながらも今回は不本意な結果に終わった。東京五輪代表選考会となる4月の日本選手権を「僕自身の人生がかかっているレース」と位置づけ「僕や佐藤君がどのようなレースをするかも世界のライバルにインパクトを与えられる場になると思っているし、2位で代表権なんてほしくない。この2か月間しっかりと練習に打ち込みたい」と力強く語った。

【関連記事】

関連タグ: