バドミントン銅の渡辺勇大&東野有紗「恋愛感情は?」の質問に…笑顔で回答していた!

2021年07月31日 05時15分

混合ダブルスで銅メダルを獲得した渡辺勇大(左)と東野有紗
混合ダブルスで銅メダルを獲得した渡辺勇大(左)と東野有紗

【五輪取材班便り】安堵、歓喜、感謝の気持ちが記者席まで伝わってきた。バドミントン混合ダブルス3位決定戦(30日、武蔵野の森総合スポーツプラザ)で渡辺勇大(24)、東野有紗(24=ともに日本ユニシス)が香港の鄧俊文、謝影雪組を2―0(21―17、23―21)で下して銅メダルを獲得。期待のメダル候補が次々と敗退していく中、今大会で日本勢初の表彰台に立った。 

 中学時代からペアを組む2人は息がピッタリだ。前日の準決勝の敗戦で2人は「しんどかった。会場に来るまでも逃げ出したくて」(渡辺)、「ご飯を食べる気にもならなかった」(東野)と引きずっていたが、試合になると気持ちを切り替えて好プレーを連発。渡辺は「メダルの色は違えど、成果に結びついてくれた」と笑顔を見せた。

 余談になるが、ネットで「渡辺 東野」と検索すると、関連ワードに「付き合ってる」と出てくる。以前、記者はゲスの勘繰りで「恋愛感情はわかないものか?」と問うと、渡辺は嫌な顔一つ見せずに「大切なパートナーですが、恋愛感情には至ってないですね。そういう関係になったら一番に教えます。そしたら1面で!」。隣で東野は笑っていた。

 今から振り返ると、ずいぶんと失礼な質問をしたものだ…。

関連タグ:

ピックアップ