【クリケット】オーストラリアのトップ選手がインドに孤立…大会無期延期、自国に帰れず

2021年05月05日 15時43分

インドのワクチン接種センターに多くの市民がつめかけている(ロイター)

 帰れない…。新型コロナウイルスの新規感染者数が30万人超と猛威を振るうインドで、クリケットのプレミアリーグ無期限延期が4日に決定。オーストラリアのトップ選手が自国に帰れない事態となっている。

 世界から有名選手が集まることで知られるリーグ。国内6会場で開催され、すべてチャーター機で移動するなど厳格なバブルのもと、無観客開催だったが、3つのクラブの選手、関係者からコロナ陽性者が続出した。コロナ禍に苦しむインド。医療が崩壊し、多数の死者が出るなかでの開催とあって、批判が寄せられていたが、ついに延期となった。

 海外選手は自国に戻ることになるが、帰れないのがオーストラリアからのトップ選手。同国は厳格なコロナ対策を実施。インドからの入国を15日まで禁止する方針を決めている。スターも特別措置はなし。インドメディアによると、第三国へのモルジブへ一時避難する計画もあるという。

 コロナ禍での大会開催の難しさを象徴していると言えそうだ。

関連タグ: