韓国に衝撃!「誰も彼を信頼していない」 至宝MF李康仁の実情をスペインメディア〝暴露報道〟

2021年04月26日 21時55分

MF李康仁(ロイター)

 スペイン1部バレンシアで出場機会が激減している韓国代表MF李康仁(イ・ガンイン=20)にスペインで〝暴露報道〟が飛び出し、韓国で衝撃が広がっている。

 李は一時期レギュラーをつかみかけたが、3月の日韓戦から戻った後の4月に突如として起用されなくなった。そうした中で韓国メディア「インターフットボール」は冷遇の原因について「スペインメディアが暴露。『誰も李康仁を信頼していない』」と報じた。

 同メディアは、バレンシアの地元紙「デポルティボ・バレンシアーノ」の報道に注目。「(現在の)グラシア監督のほか、アルベルト・セラデス監督、マルセリーノ・ガルシア監督の下で李は一度もレギュラーになっていない。最も困難なのは今であり、バレンシアは選手層が厚くないのに、李には出場機会を与えない。最大の問題は、誰も彼を信頼していないことだ」と指摘。ピッチ内外で李が信用されておらず、チーム内で干されているとの見方だ。

 韓国の至宝が置かれるショッキングな実情に韓国では波紋が広がっており、同メディアを始め移籍を進言する論調が目立っている。日本代表MF久保建英(19=ヘタフェ)のライバルとされる有望株の動向に注目が集まる。

関連タグ: