【住之江ボート・アクアクイーンカップ】準優戦注目はベテランの高橋淳美 好相性のレースに「手応えはありました」

2020年07月23日 23時07分

気合が入る高橋淳美

 熱い戦いを繰り広げているボートレース住之江のヴィーナスシリーズ第9戦「大阪スポーツ賞 第31回アクアクイーンカップ」は23日、予選を終了。24日の5日目は第9~11レースで準優勝戦を行う。

 ここまでオール連対と安定感ある走りを見せている倉持莉々(東京=26)が予選を首位で通過。2位・実森美祐(広島=23)、3位・中沢宏奈(東京=32)とともに準優1号艇を獲得した。

 準優戦、地元勢で注目したいのはベテランの高橋淳美(大阪=57)だ。予選最終日の4日目、2Rで2着に入り得点率12位で準優に駒を進めた。

「ホッとしましたね。久しぶりにいいエンジンを引いて、手応えはありましたから」と〝ノルマ〟クリアに安どの表情を見せた。

「調整した3日目後半から乗れるようになりました。これがだいぶ大きい。足的には普通だけど、乗り心地がきたのでOKです」と仕上がりに納得している。

「エンジンはいいし優出できるように」と密かに燃える。アクアクイーンカップは過去4度、優勝と相性は良い。準優も軽視はできない存在だ。

 ☆たかはし・あつみ=1963年5月25日うまれ。岡山県出身。大阪支部の60期生。87年5月に住之江でデビュー、92年からつでの初優勝を皮切りに通算Vは20回。まくり、差しと自在に立ち回るタイプで1着回数は1250回(23日現在)。