【DDT】秋山軍が練習公開 募集中の新ユニット名は「かわいい系に傾いても困る」

2020年07月06日 18時04分

左から渡瀬瑞基、大石真翔、秋山準、岡谷英樹

 チームの名称はニャンコ系で決定!?7月から正式にDDTにレンタル移籍した秋山準(50)が、結成した秋山軍(仮)を引き連れて練習を公開。結束力を高めると、新ユニット名について言及した。

 6日にDDT道場に初めて足を運んだ秋山は、メンバーの大石真翔(41)、渡瀬瑞基(29)、岡谷英樹(19)、さらに道場に顔を出した〝大鵬3世〟納谷幸男(25)に対し、熱のこもった指導を展開。基本のボディスラムから、アームホイップ、グラウンドでのレスリングの動きに至るまで、時には自ら相手役を買って出るなどし、精力的に動き回った。

 練習を終えた秋山は「いろいろ質問を受けていたので、そこをアドバイスした感じ。DDTが今までやってきたことを、僕が来たからといってすべて取り替えるのは嫌。基本的にもう出来上がってる選手が多いんで。岡谷君とか、デビュー3年目以下の選手は変えてもいいかなとは思うけど」と指導のスタンスを語った。

 また納谷に対しては、チームメート以上に時間をかけたといい「デカいのに、見てたら動きが小さくなってる。やっぱり胸張って、自分をいかに大きく見せるのか。それは馬場さんから僕もそうやって教わった」と〝王道〟を伝授。「あの体だからできることがある」とオリジナル技の開発にも期待を寄せた。

 秋山軍(仮)の新名称に関しては、現在自身のツイッター上で募集中だが、中に気になるものがあったという。「『CATS愛』っていう。チームみんな猫好きだからいいなって。でも漫画家の先生に怒られるかな…」と愛猫家の顔をのぞかせつつ悩ましげ。

 だが続けて「何個かに絞って、その中からファンの方に決めてもらう形にしたいけど、かわいい系に傾いても困るな」と苦笑いも。「23日の後楽園大会までには決めたい」としたが、果たしてどうなるか。