【RIZIN】萩原京平「メインにふさわしい試合を」左目の腫れには言及せず

2021年11月27日 17時09分

公開計量に臨んだ萩原恭平
公開計量に臨んだ萩原恭平

 試合への影響は…。格闘技イベント「RIZIN TRIGGER 1st」(28日、神戸ワールド記念ホール)の公開計量が27日、神戸市内のホテルで行われ、メインで昇侍と対戦する萩原京平(25)が必勝を誓った。

 両者の一戦は66キロ契約で、萩原が65・95キロ、昇侍は65・80キロでそれぞれ一発クリア。萩原は「メインにふさわしい、お客さんが盛り上がる試合をしようと。本気でぶっ倒していこうと思っている」と力強く語った。

 ただ、気になるのが萩原の左目が腫れていたことだ。26日のオンラインで報道陣の取材に応じた際にはサングラスをかけていたため、いつアクシデントが起こったのかは不明。この日も左目について言及することはなかった。

 その一方で「(萩原から)すごい気合の入ったコメントをいただいた。その言葉、そっくりそのまま返す。速攻で倒す」と昇侍。初のケージ(金網)の試合はどんな展開になるのか。

関連タグ: