【KNOCK OUT】小笠原瑛作が必勝誓う「復活ロードを見てください」

2019年10月31日 23時03分

計量を一発パスした小笠原とサオエーク

 キックボクシングイベント「KNOCK OUT 2019 BREAKING DAWN」(1日、東京・後楽園ホール)の前日計量が31日に都内で行われ、出場選手全員がパスした。

 メインで元ラジャダムナン認定スーパーフライ級王者のサオエーク・シットシェフブンタム(22=タイ)と対戦する小笠原瑛作(24)は55・40キロをマークして「自信がすごいある。成長しているので、そこを見てもらいたいです」と力を込めた。

 小笠原は8月に行われた初代スーパーバンタム級王座を争うワンデートーナメントでは決勝で江幡塁(28)に敗れ、あと一歩のところで悲願のベルトを逃している。必勝を期す再起戦の相手としては厳しい相手だが「復活ということで強い選手を用意してもらいました。相手の裏を突ける戦い方を練習してきているので。必ずローキックを当てて勝ちます。僕の復活ロードを見てください」と必勝を誓った。