TKO木本武宏に投資トラブル報道 怪しい〝儲け話〟氾濫…狙われる芸能界

2022年07月22日 12時50分

TKO木本(東スポWeb)
TKO木本(東スポWeb)

 一体何があったのか――。

 お笑いコンビ「TKO」木本武宏が芸能界追放の危機に瀕している。

 仮想通貨をめぐる投資トラブルが報じられ、真偽を待たずして出演番組が次々と終了、変更となっているのだ。これはただごとではない。

 一部報道によると、かねて仮想通貨などへの投資に熱を上げていた木本が後輩芸人やスタッフなどから出資を募り、5億円以上を集めたものの、一緒にやっていた第三者が音信不通となってしまったという。木本の手元におカネはなく、返金もままならない状況。木本は所属事務所「松竹芸能」を近く退社するという情報もある。

 投資トラブルの詳細は明らかになっていないが、お笑い業界では昨年、仮想通貨やNFTに関する〝儲け話〟が次から次へと持ち掛けられていたという。中堅芸能プロ幹部の証言。

「元本保証の暗号資産の先行販売みたいなやつですね。上場前に『特別に売ります』と。儲かるようなスキームを見せられて、いま買えばストックオプションももらえます、と。売り手としては暗号資産なので原価はほぼゼロのボロい商売。結局、木本さんのトラブルのように、出資者を募ったあとに〝胴元側〟がトンでいましたけどね」

 こうした詐欺まがいの投資話は芸能界に多い。とりわけお笑い芸人は「一攫千金を狙う人が多いため、ダマされやすい。狙われている」(同)という。

 木本に件に限らず、芸能界では大小、投資トラブルが転がっている。

関連タグ: