アイヌ失言に続いて今度は伊藤美誠〝妨害ライト事件〟 日テレ「スッキリ」が窮地

2021年08月06日 05時15分

「スッキリ」MC・加藤浩次も大焦り!?
「スッキリ」MC・加藤浩次も大焦り!?

 東京五輪卓球女子の伊藤美誠への〝妨害ライト事件″が、日本テレビ系の情報番組「スッキリ」のクルーによるものであることが分かった。

 これは「デイリー新潮」が5日に報じたもの。7月28日の女子シングルス準々決勝の試合中、「取材クルーのカメラライトがまぶしい」と伊藤が審判にアピールするシーンがあった。相手が韓国の選手だったため、ネット上では「韓国のテレビ局の妨害行為」などと炎上したが、実は「スッキリ」のカメラだったことが発覚。「デイリー新潮」によると、日テレもこれを認めているという。

 悪意はなかったとはいえ、報道されるまで「スッキリ」側が事実を明らかにしなかったため、ネットは大荒れ。

「スッキリ」を巡っては今年3月の放送で、アイヌ民族に対する差別ととれる発言が問題に。先月、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会から「放送倫理違反があった」とされたばかりだ。

 立て続けの醜聞に業界では同番組の〝打ち切り〟危機もささやかれている。MCを務める加藤浩次は吉本興業を離れ、現在はフリーの立場。「終わり」と言われれば抗えない立場ではある。

 まさかこんなカタチでピンチを迎えることになろうとは…。

関連タグ: