「裏の裏まで知ってるんで」IMALU さんま&しのぶと芸能ゴシップを語り合う

2020年11月19日 21時24分

IMALU

 タレントのIMALU(31)が19日、ユーチューブライブに登場し、コロナ禍で父・明石家さんま&母・大竹しのぶと会う機会が増えたと語った。

 放送作家・倉本美津留氏のチャンネルにゲスト出演したIMALU。さんまと親交のある倉本氏から「コロナ禍でいつもより親と会ってたんでしょ?」と聴かれ、「大体、年に1回会うか会わないかなんですけど、コロナになって家族みんな仕事がなくなったんで、家族で3回ぐらいご飯を食べに行きました」と打ち明けた。

 IMALUが幼いときからずっと両親は多忙だっただけに、この頻度で3人がそろうのは「初めてぐらい」の感覚だそうで「仕事があんまないから、みんなリラックスしていい時間過ごせました」と振り返った。

 気になる親子の会話については「(両親は)基本あのまんま。皆さんが想像する通り。基本、母と父がしゃべって、私がたまに茶々を入れるぐらい」としつつ「結構みんなで芸能ゴシップとかしゃべってました。裏の裏まで知ってるんで。『あの人どうなったの?』とか、くだらない会話をしてますね」と照れ笑いを浮かべていた。