石橋貴明のバースデー生配信にGACKT、清原氏が出演!MVPは小籠包女王・野呂佳代

2020年10月22日 23時50分

清原和博氏

 お笑いコンビ・とんねるずの石橋貴明(59)が自身の誕生日の22日、ユーチューブチャンネル「貴ちゃんねるず」で「石橋貴明50代最後の誕生祭 生でダラダラいかせて!!生配信SP」を生配信。ミュージシャンのGACKT、元プロ野球選手・清原和博氏らがサプライズ出演した。

 首に赤いタオルを巻き、タキシード姿で登場した石橋は久しぶりにアントニオ猪木氏のモノマネを披露。「元気ですか! 元気があれば何でもできる」と気勢を上げた後、「今日は30分で帰ります」と会場の熱気を冷まして笑いを誘った。

 親交の深いお笑いタレントによる祝福メッセージ、カラオケ、懇親のもようなど地上波と別次元の配信を続けた後、ゲストが登場した。

 進行役のマッコイ斉藤氏が「半年前から国民的アイドルに声をかけていました」と胸を張ると石橋は「道系?」と問いかける。拍手の中、登場したのは「恵比寿マスカッツ」のメンバー。セクシー度は超国民的だが、石橋のテンションは上がらないまま。続いて登場した野呂佳代(元AKB48)は宙に浮くパフォーマンスを敢行。ベルトをショートパンツに食い込ませながら熱唱する姿に、石橋は苦笑しながら「小籠包が見えてました」とコメントした。

 野呂らがバースデーソングを熱唱する中で、花束を抱えたGACKTが登場。近くで食事をしていたところ「貴さんが、ユーチューブをやっていたので」とのこと。石橋から「うたばん以来ですね。ぜひ、貴ちゃんねるもお願いします」と声をかけられると爽やかな笑顔で返し会場を後にした。


 そして、石橋の「次はキヨさんかな」の言葉通りに清原氏が登場。「キヨさん! 本物! いやー、かっけーな。やっぱり清原和博」と笑顔で招き入れた。

 清原氏は今年7月、同チャンネル3日連続で出演し、驚異の再生回数を叩き出した。また8月23日に配信した「24分間テレビ ~石橋が地球を救うかも~」では「貴さん、いつも僕に勇気と希望をくれてありがとう!僕が×××(編集でピー音)やめられたのも、今の貴さんが居たからです。NOシャブNOライフ!」の激励メッセージが大きな話題になった。

 会場いっぱいの「清原コール」に応え、笑顔でフルスイング。石橋を祝福し会場を後にした。

 この日の総視聴回数は約190万回。〝小籠包女王〟とイジられまくった野呂にMVP賞(1万円)が贈られた。