GACKT 「翔んで埼玉」オファーを一度断る「何を言ってるんだ」

2019年12月18日 18時17分

右からGACKT、武内英樹監督、原作者の魔夜峰央氏

「第44回報知映画賞」表彰式が18日、東京・港区のザ・プリンス パークタワー東京で行われた。

 特別賞に「翔んで埼玉」が選出され、男子高校生役を演じたGACKT(46)が代表として出席。「今回の役の話を頂いた時に、一番最初は断らせていただきました。『何を言ってるんだ』と」と明かし、作品への思いをこう話した。

「でも、原作の魔夜先生のご指名ということで断れないなと。それで撮影では、弁当に例えるなら“いい梅干し”であろうと思っていた。まさか、こんな結果になるとは関係者は思っていなかったんじゃないかなと。埼玉を敵に回すんじゃないかなと。本当にいい作品になりました。僕も“梅干し”として作品に貢献できたんじゃないかなと思います」

 また、主演女優賞には映画「マスカレード・ホテル」「コンフィデンスマンJP―ロマンス編―」の長澤まさみ(32)が選ばれた。黒のドレス姿で登壇し「監督、スタッフ、キャストが一丸となって頂けた賞です。15年前に助演女優賞を頂いた時にトロフィーの重さを感じたのを思い出しました。今でも映画の一部になれていることに感謝し、日々努力し、毎日を積み重ねていきたいと思います」と頭を下げた。

 新人賞に選ばれた女優・玉城ティナ(22)は「この歴史ある賞に私の名前を刻んでいいのかなと」と喜びを語った。

【受賞一覧】
□作品賞・邦画部門=「蜜蜂と遠雷」(石川慶監督)
□作品賞・海外部門=「ジョーカー」(トッド・フィリップス監督)
□アニメ作品賞=「天気の子」(新海誠監督)
□主演男優賞=中井貴一「記憶にございません!」の演技に対して
□主演女優賞=長澤まさみ「マスカレード・ホテル」「コンフィデンスマンJP―ロマンス編―」の演技に対して
□助演男優賞=成田凌「チワワちゃん」「愛がなんだ」「さよならくちびる」の演技に対して
□助演女優賞=小松菜奈「来る」「閉鎖病棟―それぞれの朝―」の演技に対して
□監督賞=佐藤信介「キングダム」の演出に対して
□新人賞=鈴鹿央士「蜜蜂と遠雷」の演技に対して
□新人賞=玉城ティナ「Diner ダイナー」「惡の華」の演技に対して
□特別賞=「翔んで埼玉」社会現象化した稀有な作品

【関連記事】