嵐・二宮和也のフジ正月ドラマがひとケタ大爆死! 新庄監督投入も〝無駄遣い〟

2022年01月12日 05時15分

ジャニーズ事務所(東スポWeb)
ジャニーズ事務所(東スポWeb)

 活動休止中のジャニーズの人気グループ「嵐」の二宮和也(38)の正月スペシャルドラマが〝大爆死〟してしまい、フジテレビに衝撃が走っている。3日放送の主演ドラマ「潜水艦カッペリーニ号の冒険」の世帯平均視聴率が、わずか4・9%だったのだ。今をときめくビッグボスこと日本ハムの新庄剛志監督の強力アシストもむなしく、俳優としてまさかの黄信号だ。

 同ドラマは、第2次世界大戦中に運命的な出会いを果たすことになる、厳格な日本海軍軍人(二宮)と、陽気なイタリア人たちとの友情と恋を描いた物語だ。

「二宮にとって嵐活動休止後初のドラマ主演、さらに有村架純がわきを固めるなど話題性はありました。1月3日午後9時は昨年、ジャニーズの先輩・木村拓哉が主演した『教場2前編』が放送され、視聴率13・5%をマークした〝優良枠〟。それだけにフジの期待は大きかったのです」(芸能関係者)

 ところが、ふたをあけてみれば4・9%というトホホな結果だった。民放の同時間帯の裏番組としては、日本テレビ、TBS、テレビ東京がバラエティー番組を放送したため単純比較はできないが、テレビ朝日では天海祐希主演の「緊急取調室 新春ドラマスペシャル」を放送。こちらは11・3%と倍以上の数字を獲得しているだけに、二宮の完敗と言っていい。

 この結果を受けてフジ局内には衝撃が走っているという。嵐活動休止後、初のドラマ主演という二宮に花を持たせるため、直前の番宣にスペシャルゲストまで用意したからだ。

「ビッグボスこと新庄監督です。フジは、午後9時から放送するドラマの前番組に『VS魂 2022超豪華新春3時間スペシャル』を編成しました。その中の企画で新庄監督と、ババ抜き最弱王決定戦『BABA魂』で二宮を共演させたのです。VS魂は8・2%と健闘しましたが、ドラマでみんなチャンネルを変えてしまった。結果的に新庄監督の〝無駄遣い〟に終わりました」(フジ関係者)

〝ビッグボス〟のアシスト〟も効果なし…。俳優・二宮に黄信号が灯っている。なぜここまでソッポを向かれてしまったのか?

「やはり、元フリー女子アナとの結婚までの経緯がくすぶり続けているんですよ。いわゆる匂わせがあったりして、ファンが離れちゃったのです」(前出の芸能関係者)

 ユーチューブの公式チャンネル「ジャにのちゃんねる」の登録者は300万人を突破するなどユーチューバーとしては絶好調。二宮がテレビドラマで復権する日は来るのだろうか。(視聴率は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

関連タグ: