モー娘・佐藤優樹が12月武道館公演でグループ卒業 持病を考慮「最後まで頑張ります」

2021年09月24日 15時26分

卒業する佐藤優樹
卒業する佐藤優樹

 ハロー! プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’21」の佐藤優樹(22)が12月13日をもって「モーニング娘。」及びハロー!プロジェクトを卒業することを所属事務所の公式ホームぺージで発表した。

 佐藤は2011年9月29日に10期メンバーとして、グループに加入することが発表された。「まーちゃん」の愛称で親しまれ人気メンバーに。芸能界にもファンが多く、元「AKB48」の指原莉乃も〝まーちゃん〟推しの1人として知られる。

 所属事務所のホームページによれば「ここ半年ほど、過敏性腸症候群の影響により本人が満足いく活動、特にコンサートやイベントに参加できない状況が続いております」と体調不安が続いていて、医師の指導による治療が続いていたが、卒業を決断したという。

 加入10年というタイミングで、12月13日に開催される武道館公演を持って、グループ活動に区切りをつけ、その後は体調を見ながらソロ活動を行う予定だという。

 佐藤は公式ホームページでコメントを発表。「皆さん! こんにちは、佐藤優樹です!! 長い期間コンサートを中心にお休みしてしまっていて申し訳ありません。また、今回、この離れている期間に卒業を決めてしまいすみません」と切り出した上で「12歳からモーニング娘。として活動して来て、10年が経って、ちょうど今22歳です。色々な事を考え、話し合い、答えを出していく中で卒業という結論にたどり着きましたが、今は全く実感がわいていません。ただ、やはり私はこの歳になっても迷惑を掛ける子なんだと、じわじわ実感しています」と思いを明かした。

 続けて「これからも病気とは前向きに向き合いながら、体調とも相談しながらゆっくりになってしまいますが、卒業後もソロとして音楽に触れて活動して行きたいと思います」と決意表明し「モーニング娘。のメンバー全員と、つんく♂さんが作ってくださった楽曲を、ずっとお世話になっているファンの皆さんの前で歌える最後12月13日のコンサートまでは残り少ないのですが、最後までモーニング娘。佐藤優樹として頑張ります」と結んだ。

【関連記事】

関連タグ:

ピックアップ