痛恨の黒星だ。大相撲初場所14日目(27日、東京・両国国技館)、綱とりに挑む大関霧島(27=陸奥)が関脇琴ノ若(26=佐渡ヶ嶽)に寄り切られて3敗目。千秋楽を前に自力Vの可能性が消滅した。

 取組後の霧島は花道に下がると「クソーッ!」と絶叫。支度部屋では報道陣の取材に応じず、沈黙を貫いた。師匠の陸奥親方(元大関霧島)は「こんなもんでしょ。緊張していた。体が動いてないもんね」と敗れた弟子を評した。

土俵下にたたき出された霧島(右)
土俵下にたたき出された霧島(右)

 霧島が綱とりの条件となる「2場所連続優勝」を果たすためには、28日の千秋楽で先に相撲を取る2敗の琴ノ若が幕内翔猿(追手風)に敗れることが大前提。その上で、自身は2敗の横綱照ノ富士(伊勢ヶ浜)を本割で破り、優勝決定巴戦も制することが条件となる。大一番を落とした霧島が、厳しい状況に追い込まれた。