J2清水が6日、DF高橋祐治(30)に対する誹謗中傷問題で法的措置を取る可能性を表明した。

 清水は公式ホームページ上で「エスパルス所属選手および近親者へのSNSアカウントへ誹謗中傷のメッセージがありました。誹謗中傷、侮辱、脅迫はいかなる理由があっても決して許されることではありません。このたびの内容は極めて悪質なものであり、看過することはできません。所轄警察署、弁護士へ相談の上、法的措置を含めた適切な対応を取ってまいります」と声明を発表。

 続けて「清水エスパルスでは今後もこのような行為に対して厳正に対処してまいります。ファン・サポーターの皆様におかれましては、リスペクトをもった発信・言動を行っていただきますよう、あらためてお願い申し上げます」とファンやサポーターに向けて強く呼びかけた。

 高橋は2日に国立で行われたJ1昇格プレーオフ(PO)決勝の東京V戦でフル出場したが、1―0とリードして迎えた後半アディショナルタイムにペナルティーエリア内で突破を試みたFW染野唯月に対してスライディングタックルして反則を取られ、PKを献上。これを染野に決められて、つかみかけていたJ1昇格が水泡に帰した。

 このスライディングタックルで〝戦犯〟扱いされ、一部のファンやサポーターがSNS上などで高橋に対して罵詈雑言を浴びせる事態に。さらに5日には高橋が自身のインスタグラムで、妻である元AKB48の高城亜樹が誹謗中傷の被害を受けていることも明かし、騒動が拡大していた。

 清水の毅然とした対応に、ファンやサポーターからはSNS上で「これこそ正しい対処法!」「徹底的に対決しよう!」と支持が広がっている。法的措置を取ることで、今後は逮捕者が出る可能性もある。高橋への誹謗中傷問題の行方に注目が集まる。