元日本サッカー協会(JFA)会長で日本トップリーグ連携機構会長の川淵三郎氏(86)の文化勲章受章を祝う会が30日、都内の国立競技場で行われた。

 式典には、JFA名誉総裁の高円宮妃久子さま(70)や森喜朗元首相(86)、室伏広治スポーツ庁長官(49)らが出席した。

 川淵氏は、ステージ上で「この寒い中、そして平日にもかかわらずおいでいただきまして、本当にありがとうございます。一人ひとりにお礼を申し上げたいのですが、物理的にはとても無理なので、お許しをいただきたい。本当に心から感謝しております」と語った。

 日本スポーツ界の発展のために尽力する中で、妻の康子さんからのサポートも大きかった。「この場をお借りして、私事で大変恐縮ではありますけども、私の妻に感謝の気持ちを伝えたいと思いますので、皆さんお許しください。康子さん、ここへおいでください」と康子さんをステージ上へ呼び込んだ。そのまま「感謝の気持ちを込めて、ハグをさせてください」と抱擁。この2人の姿に、涙を流すゲストも見られた。