ファミリーマートは7日、豊玉中三丁目店でコンビニエンスストア初となる電動キックボードの安全運転講習会を開催した。

 店舗敷地内の空きスペースの活用や利用者の来店促進による加盟店の収益向上を目的にシェアサイクルの設置を進めているファミマ。7月末までに、電動キックボードのシェアリングサービス「Luup(ループ)」のポートを東京、神奈川、京都、大阪、広島の5エリア60か所に設置しており、今年度中に100店舗への設置を予定している。

 今年7月1日に道路交通法が改正され、16歳以上であれば免許不要で乗ることが可能になった電動キックボードだが、まだまだ利用したことがない人も多いのが現状。この日は店舗の駐車場で交通ルールのレクチャーと試乗体験が行われた。

 歩道走行時(※特定の道路標識がある歩道のみ走行可)は時速6キロだが、通常の最高速度上限は20キロ。右左折する際にはハンドル左のウインカーで合図を出すこと、ヘルメットは努力義務、バックミラーは不要になったことなどが説明された。

 初めて電動キックボードに乗った流通ウォッチャーの渡辺広明氏は「6キロでも意外と(スピードが)出ているように感じました。近場の移動に使ってみたい」と感想を述べた上で、「利用者を増やすために、このような安全講習会は大事だと思う」と取り組みを評価した。

 講習会に参加した人にはLUUPアプリで使用できる30分ライド無料クーポンが配布された。