元卓球日本代表で五輪2大会連続メダリストの福原愛さんが、子ども連れ去り問題を巡って未成年者誘拐罪で刑事事件に発展する可能性が出てきた。

 江氏は27日に日本外国特派員協会で「福原さんに対し子供連れ去りで訴える」と題して緊急会見を開催。大渕愛子弁護士らとともに経緯を説明した。

 今回の騒動は、昨夏に江氏のもとにいた息子と福原さんが面会した際に、そのまま江氏に無断で連れ去って現在ともに生活していることが焦点となっている。「2022年7月23日、面会のため台湾の空港で息子さんを福原さんに引き渡したところ、1週間後に江さんとの連絡を絶ちました」と大渕弁護士は説明した。

 その後、日本の裁判所で福原さん側から親権指定の審判申し立てが行われ、江氏側も子の引き渡しを求める審判を申し立てた。その結果、1週間前の7月20日に福原さんに対して子の引き渡しを命じる審判が出された。しかし福原さん側は、江氏側による連絡を一切無視しており、今回の会見を開催するに至った。

 大渕弁護士は、今回の事案が刑事事件に該当する可能性に言及。「昨年8月に出た福岡地裁の判決で、離婚係争中の夫婦が旦那さんの面会交流のために息子さんと会って、約束の交流時間を過ぎたのに帰さずに、自宅に1か月間泊めた事案があった。その事案に関して、未成年者誘拐罪で有罪の判決が出ています」と判例を説明した。
 
「ただちに引き渡せと判断が出た。それにもかかわらず、なんら返事もしない。このまま引き渡しをしない日々が続けばどういうことになるか。これを正当化することはもはやできないと考えている。任意の引き渡しをしてくださらないなら、次のことを考えなければいけないと思っている」と大渕弁護士。その〝次の一手〟について「選択肢としては、未成年者誘拐罪での告訴が考えられると思います」と明言した。

「国際的な連れ去りは国際社会で強い批判を受けている。非常に大きな問題になっている中で著名人がこういった行為。たとえばDVがあったとか虐待があったとか理由をつけて子どもを連れていく。それが客観的に証明されればそれは正当化されることもあるが、それが客観的に証明されなければ、それは正当な理由のない連れ去り。それは違法な連れ去りだし、未成年者誘拐罪に該当するものだ」と重ねて強調した。福原さんは刑事事件の容疑者となってしまうのか、今後の展開に注目が集まる。