俳優の東山紀之(56)が21日、メインキャスターを務める「サンデーLIVE!!」(テレビ朝日系)に出演し、ジャニーズ事務所の創業者、故ジャニー喜多川氏による性加害問題について言及し、謝罪した。

 番組では故ジャニー喜多川氏の性加害問題について藤島ジュリー景子社長が公式動画で謝罪したこと、被害を受けたと告白した元ジャニーズJr.カウアン・オカモト氏と俳優でダンサーの橋田康氏が、国会内で開かれた野党の「性被害・児童虐待」国対ヒアリングで再発防止に向けた法整備を求めた件について取り上げた。

 先週、事務所から喜多川氏に関する公式見解が出されことを受け、東山は自身の考えを口にした。「この件に関しては最年長の私が最初に口を開くべきだと思い、後輩たちには極力待ってもらいました。彼らの心遣いに感謝します。今回の喜多川氏に対する元ジュニアたちの勇気ある告白は真摯に受け止めなければなりません。実際に被害を訴えられてることは本当に切実で残念でなりません。未成年に与えた心の傷、人生の影響は計り知れません」と話した。

 事務所から再発防止策が出されたが「われわれもどのような未来を迎えるべきなのか。現在在籍しているタレントはどうするべきなのか。告白された皆さんにどう対処するべきなのか。そもそもジャニーズという名前を存続させるべきなのかを含め外部の方と共にすべてを新しくし透明性を持って、この問題に取り組んでいかなければならないと思っています」と強い決意を示し「心を痛めた全ての方々、本当に申し訳ありませんでした」と頭を下げた。

 さらに「今後は今いるみんなと共に安心して応援していただけるよう一丸となって全力を尽くしてまいります。日曜の朝にこのような話をしてしまい重ね重ねおわびを申し上げます」と再び頭を下げた。