【全豪OP】大坂なおみが2年ぶり2度目の優勝! ブレイディにストレート勝ち

2021年02月20日 19時26分

優勝した大坂なおみ(ロイター)

 テニスの全豪オープン女子シングルス決勝(20日、メルボルン)、世界ランク3位の大坂なおみ(23=日清食品)は同24位のジェニファー・ブレイディ(25=米国)を6―4、6―3のストレートで下し、2年ぶり2度目の優勝。4大大会4勝目を挙げた。

 これが4大大会決勝勝率100%の勝負強さだ。強烈なファーストサーブを武器に、最初のゲームをラブゲームで奪った大坂。その後は第4ゲームでブレークしたが、すぐにブレークバックされる一進一退の攻防。しかし、安定したプレーを見せる大坂が第10ゲームで再びブレークに成功し6―4で奪った。

 第2セット、勢いに乗る大坂は、正確で強烈なショットでブレイディを圧倒。「カモーン!」の声で自らを鼓舞しながら、4ゲームを連取した。その後も気持ちの強さでここぞの場面でポイントを奪取。4大大会初の決勝となったブレイディに格の違いを見せつけ、全豪2年ぶりの女王に輝いた。

関連タグ: