「チャールズシュワブ・チャレンジ」マキロイ63で4位上昇

2020年06月13日 12時00分

【テキサス州フォートワース12日(日本時間13日)発】米男子ツアー「チャールズシュワブ・チャレンジ」(コロニアルCC=パー70)2日目、前日に首位発進したハロルド・バーナー(29=米国)がスタートホールでトリプルボギーを叩きながらも、後半のアウトを30で回って66。通算11アンダーで2位に1打差をつけて首位を守った。同組で回った世界ランクトップ3は、1位のローリー・マキロイ(31=英国)が63と伸ばして通算9アンダーの4位。3位のブルックス・ケプカ(30=米国)は68で回って通算4アンダーの25位だったが、ランク2位のジョン・ラーム(25=スペイン)は71と落とし、通算イーブンの80位で予選落ちした。