NBA開幕戦の日本人対決はお預け 八村は調整遅れ 渡辺は負傷

2021年10月20日 12時28分

東京五輪ではチームメートだった八村(左)と渡辺(東スポWeb)
東京五輪ではチームメートだった八村(左)と渡辺(東スポWeb)

 米プロバスケットボール・NBA開幕戦の日本人対決は実現せず――。ウィザーズの八村塁(23)は20日(日本時間21日)に敵地トロントで渡辺雄太(27)のラプターズと開幕戦で対戦するが、八村、渡辺はともに欠場することになった。

 NBA3シーズン目となる八村は、個人的な事情でキャンプ初日から合流せず、オープン戦にも出場しなかった。本拠地ワシントンで個人練習を始めたばかりだったため、八村は遠征に同行しない。また初の開幕ロースターとなった渡辺はリーグ公式サイトによると、左ふくらはぎのケガで開幕戦を欠場するという。

 昨季までの2シーズンで八村と渡辺の所属チームによる直接対決は5回あったものの、実現は1回のみ。渡辺がグリズリーズに所属していた2019年12月までさかのぼる。昨季はケガや休養などの理由でタイミングが合わず、両者がともに出場した試合はなかった。今季の両チームは11月3日、12月5日、来年1月21日にも対戦予定で日本人対決実現の可能性がある。

【関連記事】

関連タグ: