10代妻への暴行逮捕から釈放…三橋貴明氏の“陰謀論”過去ブログ

2018年01月10日 08時00分

三橋貴明氏

 10代妻への傷害容疑で警視庁高輪署に逮捕された経済評論家の三橋貴明氏(48)が8日、釈放された。三橋氏は、ブログで家庭内暴力(DV)を認めるも、大々的に報じられたことに反発しているが…。

 三橋氏は5日午後7時ごろ、自宅で10代の妻に足をかけて転倒させ、顔を平手で殴ったり、腕にかみついたりして、全治1週間のケガを負わせた疑いが持たれている。高輪署の調べに「何もしていない」と否認したが、昨年9月と11月にも同様のトラブルで妻から110番があったという。

 2010年には参院選比例代表で自民党から立候補も落選。昨年12月13日には、安倍晋三首相と会食したことをブログで公開。政策に批判的な意見を伝えたとして「近い将来、私に何らかの『スキャンダル』が出るか、痴漢冤罪で捕まるか、弊社に国税が来るのは避けられないでしょう」と意味深に書き込んでいた。

「まるで今回の逮捕劇が国家による陰謀であるかのように見えてしまうが、彼をハメたところで何の得にもならない。そこまでの大物ではないし、安倍首相と会食している時点で政権側」とはあるテレビ関係者。むしろ今回は「逮捕されるべくして逮捕された」との声が多い。

 昨年、妻からの2度のSOSを受け、当局は三橋氏に暴力をやめるよう警告したが、反省の色はなし。法曹関係者いわく「民事不介入が原則のなか、逮捕に至ったのだから当局もよほど悪質と判断したのだろう」。

 それだけではない。三橋氏には16年秋にも同様の逮捕歴があるという。その相手は不明だが、出版関係者によると「当時、三橋氏はあるメディアで連載を持っていたが、その時期に突然連載が中断して騒ぎになった」。

 三橋氏の勾留請求は却下され、8日に釈放。自身のブログで、5日夜に夫婦喧嘩となり、平手打ちしたことを認めた。一方で、釈放時に報道陣が集まったことについては「『マスコミの連中にこれだけ言ってやる! くそくらえ!』と、中指を立てて追い払いました。こう言っては何ですか、わたくし共の『夫婦喧嘩』が、それほど凄い事件なのでしょうか そんなに目くじら立てて追っかけるようなネタかよ!」と挑発的な言葉を並べている。