2度目逮捕!“側溝男”の変態哲学「生まれ変わったら道になりたい」

2015年11月11日 07時00分

郵便局前の側溝に平井容疑者は潜んでいた

「道になりたかった」ヘンタイ“側溝男”が、また御用となった。兵庫県警東灘署は9日、側溝内から女性の下着をのぞき見ようとしたとして、県迷惑防止条例違反の疑いで、神戸市東灘区の会社員(28)を逮捕した。容疑者は2年前にも側溝からのぞきを行っている筋金入りの「ローアングル・マニア」だ。今回で2度目の逮捕となったが、専門家は「3度目」を懸念している。

 逮捕容疑は8月16日午前7時50分ごろ、東灘区岡本の道路下の側溝内から、通り掛かった美容師の女性(37)のスカート内をのぞき見ようとした疑い。同日午前3時から側溝に潜り、約5時間もの間、格子状の鉄ぶた越しに上を見ていたという。

 現場となった側溝は阪急電鉄神戸線「岡本」駅とJR東海道本線「摂津本山」駅の中間にある。閑静な住宅街であると同時に、近くにはお嬢様学校と呼ばれる女子大もあり、学生の街としても知られる。そのため、朝は通勤、通学する女性が非常に多い。

 発覚の経緯は衝撃的だった。

 側溝のそばには郵便局があり、ほぼ真上にはポストも設置されている。同署によると女性は通勤のために歩いていると鉄ぶたから出ている髪の毛に気づいたという。落ちているウイッグだと思い近づいてみると、鉄ぶた越しに容疑者と目が合った。

 捜査関係者は「上からのぞき込んだら目が合った。相当ビックリしたと思うで」と女性の気持ちを代弁する。当時、女性はヒザ丈ほどのワンピースを着用しており、スカートの中を見られたと思い、警察に通報した。

 容疑者が潜んでいた側溝は幅約55センチで深さ約60センチ。雨水を流す土管につながっており、鉄ぶたは手で簡単に開く構造になっている。容疑者はその中に入って寝転ぶような格好でスマホ片手に真上を歩く女性のスカートの中を見ていたという。スマホの中には動画などが残されていた。

 また容疑者は2年前にも同様の事件を起こして逮捕されている。

 今回同様に側溝に潜み、わずか縦2センチ、横10センチほどののぞき穴から上を見ていた。当時は「百円玉を落としたので捜していた」とありえない言い訳をして容疑を否認していたが、2度目の事情聴取で認めたという。さらに驚きなのが供述内容だ。

 容疑者は「生まれ変わったら道になりたい」と話していたという。側溝の中に何時間いても耐えられる筋金入りのローアングル・マニアの話だけにネット上でも話題になった。「哲学者みたいな変態だな」とまで言われていた。捜査関係者も「なにをロマンチックなこと言っとんねんという感じやね」とあきれ果てていた。

 容疑者の2度目の犯行に犯罪心理学者の北芝健氏は「犯罪者が警察と法をナメている」と語る。まず「側溝の中に横たわっても警察が発見できないだろうという軽視から犯行をしている」と指摘する。

 また、迷惑防止条例違反などでの初犯は軽微な罰則になることが多く、犯行を重ねることも多い。

「5時間も側溝の中にいることができるぐらいの体力もあるわけですから、栄養状態もいい。飢餓状態なら、性犯罪なんてできないですから。欧米ではわいせつ目的なら、かなり重い罪になるけど、日本ではすぐに放されてしまう。容疑者にとっては住みやすい国になっている。すぐにネットなどで画像を見ることができる。すると生のスカートの中の現物のパンツを見たくなる。これは3回目もあるかもしれない」と北芝氏。

 ここまでのヘンタイ男につける薬はないだろうが、一生懸命育てた両親のことを思うと、気の毒すぎる!?