立憲・辻元氏の人事刷新要求に蓮舫氏、小川政調会長も同調 泉代表は両院総会が正念場に…

2022年08月01日 19時24分

辻元清美氏(東スポWeb)
辻元清美氏(東スポWeb)

 立憲民主党の辻元清美参院議員(62)と蓮舫氏(54)が、参院選で敗北した泉健太代表率いる執行部の人事刷新を要求したことで党内に大きな波紋が広がっている。

 泉氏は1日まで、続投の構えを崩していない。だが、3日に行われる予定の衆参両院議員総会で、辻元氏らの要求に賛同する声が広がる可能性が浮上しているのだ。

 国政復帰した辻元氏は先月31日に投稿した自身のツイッターでBSテレ東の「NIKKEI 日曜サロン」に出演した際、参院選敗北を受け立民執行部は「人事刷新すべき」と発言したことを伝えた。

 同番組で辻元氏は「たぶん刷新の方向に行くんじゃないですかね。私はそう思います。野党第1党で100人以上の議員がいるのはうちしかない。その立ち位置、どういう形で刷新するかは日本の政治にとっても大事。人事含めて刷新されるべきです」とした。

 これを受け蓮舫氏は辻元氏の意向にツイッターで「同意」と投稿。同調の声は党内に広がり、小川淳也政調会長は1日、自身のツイッターで「責任の所在を曖昧にせず、自らにこそ厳しい姿勢。政治への信頼回復という意味でも極めて重要だと思います」と投稿。自らは責任を取り泉執行部を辞める意向を示した。

 両院議員総会を目前に〝反旗〟を翻す議員が続出する理由について、ある立憲議員はこう説明する。

「参院選後に行われた両院懇談会で蓮舫氏を含めた数人が、泉代表に執行部刷新と代表辞任を要求していたんです。〝泉降ろし〟の動きは続いています。また、蓮舫氏は両院総会でも野田佳彦元総理の意向に沿った考えをブチまける可能性がありますよ」

 泉氏とともに西村智奈美幹事長がどう責任を取るかにも注目が集まる。

「西村氏は昨年の代表選に立候補した時に菅直人元総理らから支援を受けた。しかし泉執行部続投支持の議員は『西村氏の代わりに辻元、蓮舫氏が新執行部に入っても、党内が丸くおさまるハズがない』と怒っています。泉、西村両氏は責任を取らないといけない状況に追い込まれたのは確かですが…」(立民関係者)

 泉氏が両院総会で代表辞任を表明した場合、来月後半に招集予定の臨時国会まで時間があることから、新代表を選出する代表選挙が行われる可能性も予想されている。

関連タグ: