【参院選】漫画家・赤松健氏の選挙カーが京都市内で物損事故

2022年07月02日 16時45分

漫画家・赤松健氏(東スポWeb)
漫画家・赤松健氏(東スポWeb)

 自民党から参院選(10日投開票)比例代表で立候補した漫画家の赤松健氏(53)の街宣車が2日午前11時頃、京都府京都市中京区で店舗のひさしに衝突する物損事故を起こした。

 赤松健選挙事務所によると、赤松氏は乗車してなく運転手にケガはなかった。

 事故車は自身の漫画キャラクターが描かれた近畿や東海圏を走っていた真っ赤な弐号機。赤松氏は「該当店舗のご関係者様、また、地域の皆様に多大なるご迷惑をおかけいたしましたこと、心よりお詫び申し上げます」とコメントを発表した。

 その上で「警察に連絡のうえ調査に全面的に協力しております。事故原因等の詳細につきましてはまだ詳細が判明しておりません。店舗の従業員の方やお客様、街宣車の運転手をはじめ、負傷者はいないとの報告を現地から受けています。被害を与えてしまった店舗、その他関係者の皆様に対しましては誠意をもって対応させていただきますとともに、事故原因等を踏まえて、早急に再発防止措置を講じ、より一層の安全運行に取り組んでまいります。この度は、このような事故を起こしてしまったことを、重ねてお詫び申し上げます」とした。

 ネット上では「赤松健選挙カー、ゲーセンに突っ込んで大破」「なにも悪いことことしていないのに、やることすべて裏目に出るの、呪われている」などといった書き込みが寄せられている。

関連タグ: