ロボバーテンダー接客を体感! ステアは合格点・期待は会話力

2020年01月23日 16時00分

ロボがカクテルをステアする様子

 AIで接客し、カクテルまで作るロボットが爆誕! 大手居酒屋チェーンの「養老乃瀧」とロボットベンチャーのQBIT(キュービット)は、23日から東京・池袋の「一軒め酒場」の店内に「ゼロ軒めロボ酒場」をオープンさせる。

 カウンターに設置されたアーム式のロボットは客の性別、年齢、表情などを識別する4台のカメラと連携。AIを用いて話しかける接客まで行うように設計され、接客応対中や接客後に客が笑顔になることを“報酬”として学習する。

 養老乃瀧の土屋幸生取締役は「人手不足は外食産業にとって、すごく大きな問題となっている。オペレーションを見直している中、このコラボになった。新しい居酒屋の形を作っていけたら」と今回の実証実験(3月19日まで)に期待を寄せた。

 気になる注文方法だが、店内レジで「QRコード付きチケット」を購入し、ロボの前にあるコードリーダーにかざすだけ。ロボ生ビールは約40秒、ハイボール、サワー、カクテル類は約100秒で受取口へ運ばれる。

 ハイボール類を作る速度がやや遅いような気もするが、これは炭酸水がカップからこぼれないようにする時間と、ロボットがステアする工程が加わるため。広報担当者によると「現状では1杯ずつしか作れませんが、速度自体は人がやっても同じくらい」だという。

 現状でメニューは「ロボ生ビール」「スコッチハイロボール」「ロボレモンサワー」「白加賀でつくったロボ梅酒ソーダ」「ロボと泪とカシスとソーダ」「桃色ロボ想い」の6種で、価格はいずれも1杯500円。

 実際にロボから提供された酒を飲んだ流通ウォッチャーの渡辺広明氏は「ロボが顔認識で話しかけてくれるものの、こちらの発言にはまだ返してくれない。会話ができるようになったら、よりエンタメ性が高まるのではないか」と評した。

 人がロボットと協働する時代が近づいているようだ。