リハビリ中のマジョルカ久保建英が韓国人ファンに〝神対応〟ネットの反響は

2021年10月22日 15時29分

久保建英(東スポWeb)
久保建英(東スポWeb)

 スペイン1部マジョルカの日本代表MF久保建英(20)の〝神対応〟が話題となっている。

 9月22日のレアル・マドリード戦で右ヒザを負傷。戦線離脱した久保は20日から本格的なリハビリを開始。その様子がクラブの公式ユーチューブチャンネルで公開されたばかりだが、マジョルカは21日に再び公式チャンネルを更新し「タケ・クボと韓国人ファンの交流」と題した動画を公開した。

 グラウンドに姿を見せた際、男性から「久保選手のビッグファンです」と声をかけられると久保は「ありがとうございます」と返答し、写真撮影にも応じた。さらに男性は久保のサインを求めてマジョルカ所属で韓国代表MF李康仁(20)のユニホームを差し出した。男性は申し訳なさそうに「ソーリー」と謝罪するも、久保は嫌な顔を見せず「大丈夫です」と丁寧にサインを書き込んむと、最後に男性は「あなたのユニホームも買います」と語っていた。

 この動画が公開されると、コメント欄には「こういうときでもファンに対応してくれるのはほんと神」「人柄も良いとかほんと非の打ち所がない…」「タケはやさしい」「スペイン語がかっこいいな」「タケはごつくなった」「現地に行ったらサインもらえるかな」などと書き込まれていた。

関連タグ:

ピックアップ