【スペイン】「久保がジダン監督を驚かそうとしている」地元紙も22日・運命のRマドリード戦注目

2020年11月21日 20時33分

Rマドリード戦を迎えるビリャレアル・久保建英(ロイター)

 スペイン1部ビリャレアルの日本代表MF久保建英(19)が運命の一戦を迎えようとしている。

 ビリャレアルは21日(日本時間22日)にレアル・マドリードと対戦。Rマドリードからの期限付き移籍でビリャレアルの一員となった久保にとっては、因縁の対決とも言える。

 大一番を前に、スペイン紙「ムンド・デポルティボ」は「久保がジネディーヌ・ジダン監督(48)を驚かそうとしている」との見出しで久保を紹介。「久保の所属元であるRマドリードとの試合は、二面性を持っていることと、自分がダメージを与えられる存在であることをアピールする相手になる」と報じた。

 実際に今季の活躍次第では、来季から名門クラブに復帰できる可能性もあることから、同紙は「久保は失われたポジションを取り戻し、ジダンに来年居場所があるということを見てもらう必要がある」と伝えた上で、ビリャレアルのウナイ・エメリ監督(49)に対して「エメリ監督の決断にすべてがかかっている」と指摘した。

 日本だけでなく、スペインでも大きな注目を集めている久保。大事な試合でゴールを決め、新たな道を切り開くことはできるか。