【ボートレース】複数の選手がコロナ給付金を不正受給 フライングなど出場停止期間を「悪用」か

2021年03月27日 19時30分

国土交通省

 複数のボートレーサーが新型コロナウイルス対策の国の持続化給付金を不正に受給していた疑いがあることが27日、分かった。国土交通省からの求めもあり、現在、日本モーターボート選手会が調査している。

 ボートレース関係者によると、不正受給していたとみられるレーサーらは、フライングなどによる出場停止期間の収入減を、新型コロナウイルスの影響と偽って申請していた疑いがある。

 日本モーターボート競走会は本紙の取材に対して「現在、日本モーターボート選手会が調査中です…」と答えるにとどまった。