【浜名湖ボート・PGIクイーンズC】枠番抽選のドラマ…大山千広、守屋美穂ガックリ

2020年12月29日 19時02分

大外6枠を引いた大山は天を仰いだ

 ボートレース浜名湖で激闘を繰り広げているプレミアムGI「第9回クイーンズクライマックス」――。30日はいよいよトライアル最終ラウンドを迎えるが、その「枠番抽選」はドラマ満載だった。

 A組(11R)では最初に回した大山千広(福岡=24)がまさかの緑玉=6号艇を引き、思わず天を仰いだ。その後もなかなか白玉=1号艇は出なかったが、5番目に抽選器を回した寺田千恵(岡山=51)が白玉と黄玉、1号艇と5号艇が残った状況の2分の1の確率で1号艇を引き当てると、満面の笑みを浮かべた。

 B組(12R)は1番手の守屋美穂(岡山=31)が今大会初の外枠となる黄玉=5号艇を引いてガックリ。続く、平高奈菜(香川=33)は2号艇に納得の表情。そして、4番目に抽選した小野生奈(福岡=32)が、見事に白玉=1号艇を当て、大きなガッツポーズ! 喜びを爆発させた。