【女子ボートレーサーの愛用品】水野望美 出雲大社マグカップで飲むコーラでリフレッシュ!

2020年03月04日 14時00分

幸運をもたらす!?マグカップで“スカッ”とした勝利をもくろむ水野

【女子ボートレーサーの愛用品】人気女子レーサーのこだわり“グッズ”を紹介する「女子ボートレーサー 私の愛用品」――。今回は愛知の元気娘・水野望美(31)だ。

 当然ながらボートレーサーは各地のレース場に向けて転戦、移動の連続だ。年頃の女性といえども、可能な限り、荷物は減らしたいものだ。それでも、あえて彼女が肌身離さず愛用しているのがこのマグカップ。

 陶磁器製だけに割れるリスクもあるが、移動の際はちゃんと箱に入れて大切に扱っている。「出雲大社近くのコーヒーショップで買いました。出雲大社は“縁結び”の神様ですけど、人だけじゃなくていい運との“縁結び”になればいいなと」と勝負事に大事な“ツキ”を求めて購入した。

 このマグカップで愛飲するのが「朝はコーヒーで、夜はコーラ」だ。グラスではなく、あえてマグカップでコーラを飲むそうで「氷を入れると、メチャいい音がするんです。ゼロカロリーだとスカッとしないので、普通のを飲んでます」とこだわっている。もちろん通常のコーラでは糖分が多く、レーサーとしても女性としても体重が気になるところで「ペットボトル半分だけ」と少々、遠慮しながらもまさに“清涼剤”としているのだ。

 御利益もあった。「(カップを)買って数年になりますが、いいエンジンを引けたこともある」。事故に泣いた時期もあったが、昨年はかねての目標だったレディースチャレンジカップにも出場。女子ビッグレースの常連となりつつある。

 その半面、大舞台で戦う課題も見えてきた。GⅡ以上のレースに昨年は4節出場して全て予選落ち。「いい流れではなかったですね。自分の中でパッとしない一年で、年末に『今まで何やってきたんだろう』って…。大きな舞台で(いい成績を)取り切れなかったことに腹が立っていた」と歯がゆい思いもした。そんな状況下でもレディースチャレンジCに出場できたことは地力がついた証しでもあるが、レーサーとしてはやはり、レディースチャンピオンやレディースチャレンジCで勝ちたいのが本音だ。

 今年の目標は「今まではあえて目標にしてこなかったけど、A1を目指したい。しっかり上を見て走りたい」と一段ハードルを上げる。昨年初出場だったレディースCCも今年は地元の蒲郡開催ということもあり、是が非でも出場したいはず。レース場ではホットに、宿舎ではコーラで“クール”に、メリハリをつけて大舞台に臨む。

☆みずの・のぞみ=1988年11月17日生まれ。愛知支部の109期生。2011年11月のとこなめでデビュー。初1着は12年4月の多摩川一般戦。初優勝は18年4月の多摩川ヴィーナスシリーズ。通算優勝2回。同期には後藤美翼、大上卓人、島村隆幸、丸野一樹、永井彪也ら。身長=158センチ。血液型=O。