井岡一翔「ドーピング疑惑」で倫理委員会に自ら出席も JBCと直接対決か

2021年04月27日 18時45分

井岡一翔

 昨年大みそかに行われたボクシングのWBO世界スーパーフライ級タイトルマッチで2度目の防衛に成功した王者の井岡一翔(32=Ambition)が、この試合のドーピング検査で薬物の陽性反応を示したと報道されたことについて、日本ボクシングコミッション(JBC)は27日に「現在、倫理委員会で調査、審議を行っております」と発表した。

 これに対して一翔をマネジメントする「トラロックエンターテインメント」は同日、「井岡の潔白は倫理委員会で主張していくことになります」とのコメントを掲載した。

 一翔サイドは26日に代理人弁護士を通じて「調査への出席は検討いたします」との方針を明かしていたが、この日のコメントは一歩進んだ格好で、一翔本人が出席することを示唆した。

 倫理委員会で処分の対象者が陳述をするのは、通常なら軽減を求めたり、処分の対象になることを否定したりといった内容になるもの。それが今回はJBCが最初にドーピング検査の結果が出た際に一翔側に報告することなく、警視庁に検体を提出してしまう不手際があった。

 そのことが論点となった場合、JBCに反論材料はあるのか。処分する側が弁明に追われることになるかもしれない。

関連タグ: