ユーチューバーが元NBAダンク王のロビンソンをKO

2020年11月29日 14時09分

ロビンソン(左)はポールにKO負け(ロイター=USA TODAY)

【カリフォルニア州ロサンゼルス28日(日本時間同29日)発】ボクシングの元統一ヘビー級王者、マイク・タイソン(54)と元4階級王者のロイ・ジョーンズ・ジュニア(51=ともに米国)のエキシビションマッチのセミで行われたクルーザー級6回戦は、登録者数2000万人の人気ユーチューバー、ジェイク・ポール(23=米国)が、元NBA選手のネイト・ロビンソン(36=元ニックスなど)に2ラウンド(R)KO勝ちした。

 試合開始のゴングが鳴ると、身長175センチながらNBAで3度のダンクコンテスト優勝の経歴を持つロビンソンが、その身体能力を生かして大きなステップでポールの懐に飛び込んでいく。

 だが、NBA時代からトレーニングにボクシングを取り入れていたとはいえ、この試合がデビュー戦のロビンソンと、8月にボクシングデビューしてKO勝利しているポールの経験の差が出た。

 1Rの終盤、吹き込んできたロビンソンをかわしたポールはフックで最初のダウンを奪う。

 ここはなんとか立ち上がったロビンソンだが、2Rにも2度のダウン。カウンターをまともに被弾した通算3度目のダウンでは前のめりに倒れ、しばらく起き上がれないほどのダメージでKO負けした。