東国原英夫氏 宮崎県知事選出馬報道に「熟慮とは言っていない」「ニュートラルな立場」

2022年07月25日 14時38分

東国原英夫(東スポWeb)
東国原英夫(東スポWeb)

 25日放送のCBC「ゴゴスマ~GOGO!Smile~」に元宮崎県知事で、政治評論家の東国原英夫氏(64)が出演。12月の宮崎県知事選出馬を「熟慮している」と報道されていることについて現在の心境を語った。

 東国原氏は今回の報道について「オファーをいただいたのは事実でありがたいこと。ただ、一般論を言っただけで、熟慮とは言っていない。あくまでニュートラルな立場で静観している」と微妙な表現で明言を避けた。

 さらに「安倍(晋三元首相)さんは命をかけていてやっていたので、ショックを受けたのは事実。ただし(参院選に当選した)水道橋博士に刺激を受けたというのは一切ない」と語った上で「地方が疲弊しているので、これまでとはオファーの熱量が違う。ただ、あくまでニュートラル」と強調。

 またニューヨーク州弁護士で信州大学特任教授の山口真由氏が「最後の御奉公で出馬するというのはあるのでは」と聞くと「最後の御奉公、いい言葉ですね」とメモをする仕草をしてみせた。

関連タグ: