眞子さん“愛の巣”はワンルームマンションか 共働きで家計をやりくり

2021年10月26日 17時07分

ホテルに到着された眞子さん(東スポWeb)
ホテルに到着された眞子さん(東スポWeb)

 秋篠宮家の長女・眞子さん(30)が26日、小室圭さん(30)と結婚した。この日午前、関係者が都内区役所に婚姻届を提出。皇籍離脱し「小室眞子」となった。

 2人は同日午後に都内ホテルで会見を実施。眞子さんが「圭さんはかけがえのない存在。結婚は、自分たちの心を大切に守りながら生きて行くために必要でした」と言えば、圭さんも「眞子さんを愛しています。眞子さんと人生を歩みたいという思いを持ち続けられたのは支えてくれた人のおかげです」と語り、ともに永遠の愛を誓った。

 眞子さまは今後、パスポートを取得し、小室さんとともに生活拠点を米国に移す。圭さんはすでにニューヨークの大手法律事務所に就職が決まっており、弁護士試験合格ならば初年度の年収は「2250万円」になると言われる。

 だが、新婚生活は文字通り「裸一貫」からのスタートとなりそうだ。2人の住まいは米ニューヨーク州にあるワンルームマンションになる見込み。一部女性誌ではハドソン川を眺めるマンションの2LDKの部屋で、家賃は日本円で80万円と報じられたが、関係者いわく「さすがにいきなりセレブ生活は無理ですよ」。

 眞子さまも現地で就職する見通しで、しばらくは夫婦共働きで家計をやりくりすることになる。

「それでも眞子さまは自由の身になれた喜びを噛みしめるのではないでしょうか。もともと倹約家で真面目。おかしなことにはならないと思いますね」とは皇室ライター。

 渡米までは渋谷区の賃貸マンションで暮らす予定だ。

関連タグ:

ピックアップ