濱松恵「旦那の浮気のフラッシュバックに苦しむ日々」

2020年05月07日 11時40分

濱松恵

 女優の濱松恵(37)が7日、ブログを更新し、18年に再婚した夫の不倫のフラッシュバックに苦しんでいることを告白した。

 先月6日に第2子となる男児を出産したばかりの濱松は「育児で毎日てんてこ舞いなのに、余計なストレスは旦那の不倫のフラッシュバック。。私と入籍する1ヶ月前から韓国人の元カノと浮気始めてて、それが去年の春まで続いてた」と明かした。

 続いて「その事実を知ってすぐ去年妊娠期間に入って、、、。今となっては私だけフラッシュバックに苦しむ日々で、フラッシュバックに耐えながら育児と家事してるから余計に疲労が酷いのかも。しかも私が貸したお金で元カノとコソコソ会ってご馳走してたという。。」という“裏切り行為”も暴露。

 さらに「夫婦だから慰謝料とるわけにいかないし、ていうか今は赤ちゃんいてそれどこじゃないし、償いとして仕事一生懸命するね!反省してる、後悔してる、何の感情もなくただ会っただけ 言い訳が支離滅裂すぎてもう。。。」という夫の弁明にも傷ついた様子。

 おかげで「結婚する1ヶ月前から半年以上も裏切られてて、今はその旦那の浮気の代償がなぜか私1人に降りかかるという。。。なんで旦那と元カノの浮気のせいで、私はフラッシュバックと戦いながらワンオペ育児に奮闘してるんだ」といら立ちをあらわにした。

 そんな苦境の中で濱松は「ただでさえ育児や家事はストレスかかるのに、余計なストレスがプラスされてるせいで、もうメンタル、クタクタのへとへと。息子の寝顔見てるときだけが癒されて全部忘れられるわ」と記し、息子の存在だけが支えとなっているようだ。