進次郎氏“ステルス育休”に省内冷視線 本当の狙いは滝クリのご機嫌取り?

2020年01月18日 17時00分

小泉進次郎氏

 誰にも気づかれない!? 小泉進次郎環境相(38)に男児が生まれたことがテレビで速報されるほど話題になる一方で、足元の環境省内では冷ややかな空気が流れている。

 進次郎氏は17日に妻の滝川クリステル(42)が出産したと公表。出産に立ち会ってから閣議に臨むなど、さっそく父親の顔になっている。閣議後会見では「父親として心からうれしく、心からほっとしています。母子ともに元気なことが何よりです」と笑顔。名前はまだ決まっていないという。

 育休については「公務と育児の両立をはかり、働き方改革を後押ししたい。実は昨日のうちに生まれるかもしれない可能性があったので、昨日は時短勤務でした」とすでに育休が始まっていたと明かした。

 進次郎氏はこれから3か月の間に2週間分の育休を取る予定。リモートワークや副大臣、政務官に公務を代わってもらうなどして時間を捻出。本会議や委員会に支障がないようにする。

 トップが率先して育休を取得することで環境省内でも取りやすくし、さらには社会全体に育休を広める狙いがあるという。

 もっとも環境省内は意外にもクールな反応を見せている。環境省関係者は「昨日は時短勤務だったというのは会見で知って『はあ、そうなんだ』と思いましたね。そもそも大臣は何時から何時までという働き方ではないので、普段もいつ帰ったかなんて知りません」とどこか冷ややか。

 父親の純一郎元首相や兄で俳優の孝太郎は出産に祝福のコメントを寄せているが、進次郎氏の育休にはかねて疑問の声もある。

 前衆院議員の宮崎謙介氏や東国原英夫元宮崎県知事は「2週間は中途半端」と効果に疑問を感じている。

 職員にも気づかれない、本会議等にも影響しないとなると、育休しているのかしていないのかわからない“ステルス育休”になりそう。過去の下半身交遊報道で家庭内の序列がダダ下がりなだけに、滝クリへのアピールが本当の狙いといえそうだ。