櫻井翔主演ドラマが緊急事態宣言! 視聴率低迷で〝続編映画〟撮り直しも

2021年05月12日 05時15分

ジャニーズの計算も狂った

 嵐の櫻井翔と広瀬すずがW主演の日本テレビ系ドラマ「ネメシス」(毎週日曜午後10時30分)が見事なまでに右肩下がりだ。同ドラマは映画化もついてくる設定だが、局内ではこのままでは大惨事と大慌てのようだ。

 初回視聴率が11・4%でスタートした「ネメシス」。2話目から視聴率は一桁台となり、9日に放送された5話目は7・8%にまで数字が落ち込んだ。

「局内では宣伝など打てる手は打ったし、数字が下がるのを止めるには、これ以上どうすればいいのかという諦めムードもあります。このままでは5%も切るんじゃないかとささやく人もいるくらい」とはある制作会社関係者。

 映画並みの制作費をドラマに投入し、豪華キャストも用意したのだが、その効果は出なかった。

 ネット上では「中身が薄い」「謎解きが陳腐」など散々だが、映画化も予定され、「ダメだったからしょうがない」で済まないから大変だ。

「今回の作品は、ドラマが終わると同時に映画につながっていくという形を取っているんです。当初はドラマ終了直後の夏にも公開なんて話でしたが、『そのままで大丈夫か』という雰囲気になってきた。ドラマがコケている以上、このままいけば、映画も大コケは間違いないですから、撮り直しを含めて検討されているそうです」(前同)

 1つのドラマにここまで大金を投入しているのも櫻井あってこそだ。

 日テレ関係者は「将来的には現在、出演している『news zero』なども含め局の顔として活躍してもらいたいという思惑もあり、何とかしなければと必死です。しかし、手を打たなければ櫻井にとって〝黒歴史〟になりかねません」。

 ドラマは後半に入るが巻き返せるか。(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)

関連タグ: