日テレ大失態「キンプリ引っ越しトラブル」でジャニーズ激怒

2019年03月12日 11時00分

「ZIP!」を放送する日本テレビ

 2014年から昨年まで5年連続で視聴率3冠を獲得している日本テレビが、よりによってジャニーズ事務所を激怒させる失態を犯していたことが分かった。場合によっては、ジャニーズの次代を担うといわれる人気アイドルグループ「King&Prince(略称キンプリ)」の同局番組降板、さらには出演プランが浮上している「24時間テレビ」の起用にも影響する事態になりかねない、というから穏やかではない。舞台裏を追跡した――。

 問題となった番組は、朝の情報番組「ZIP!」(月~金曜午前5時50分)だ。キンプリは現在、同番組でレギュラーコーナーを持っているのだが…。
「担当プロデューサーはオロオロするばかり。最悪の場合、ジャニーズは、キンプリを降板させることも視野に入れている。かなりヤバい状況に陥っています」(放送作家)

 騒動の発端は「ZIP!」でナショナルスポンサーである「アート引越センター」が降板を申し出たことだという。ナショナルスポンサーとは、全国を対象に広告を行うスポンサー。特定の地域のみでCMを流すローカルスポンサーとは、負担する金額も違ってくる。

 ちなみにキンプリのレギュラーコーナーは「DESHIIRI King&Prince」。内容は、メンバーがある仕事に1週間、弟子入りし、その様子を約5分間のVTRにまとめ、月~金曜に連日放送するドキュメント番組だ。昨年11月5日から9日までは、神宮寺勇太が“引っ越しのプロ”に弟子入りする様子が放送された。

「もちろん最初は、スポンサーであるアート引越センターにオファーしたが多忙を理由に断られた。プロデューサーは迷ったが、時間もないからライバル社のサカイ引越センターにオファーしたら一発でOK。それでロケを敢行してしまった」(広告代理店関係者)

 これによってアート引越センターが激怒したという。「アートは数千万円のCM料を支払っているんです。一方のサカイは1円も払っていないにもかかわらず、莫大なPR効果を得られた。アートが激怒するのも無理はない。こんなことは前代未聞ですよ。日テレの局プロデューサーは、局長もそうですが少々、おごっているとしか思えない。二言目には『ウチがトップ』と嫌みのように話すんです。かつてのフジテレビを思い出します」(大手代理店関係者)
 こうした日テレの不手際にカンカンになっているのがジャニーズだ。

「スポンサーを軽んじる日テレの態度が許せないようだ。引っ越し業界では今後“『ZIP!』でトラブったキンプリ”との烙印を押されてしまったワケだから」(日テレ関係者)

 またキンプリは、本紙が1月23日発行1面で既報したように、夏の大型特番「24時間テレビ」のメインパーソナリティーに起用するプランも浮上していた。

「ジャニーズを怒らせてしまったわけだから『24時間テレビ』への出演も辞退しかねない」(同)

 実は日テレのスポンサーに対するチョンボは、これだけではない。2月20日に放送された「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」(水曜午後7時56分)でも似たような失敗があったという。

「所ジョージが司会を務める長寿番組ですが、人気コーナー『日本列島ダーツの旅』で、ロンブーの田村淳が栃木県茂木町に行ったが、そこで積水ハウスをやたら絶賛する主婦が登場した。実はこの番組スポンサーは大和ハウス工業。もちろん大激怒です」(宣伝部幹部)

 ここまで失敗が続くと、日テレとしても何か対応策を取らざるを得ない。

「広告界では最近『日テレは視聴率3冠でてんぐになっているのでは』と言われている。6月の人事異動では、制作や営業など、現在の局長を総シャッフルして対応策を練るといわれている」(事情通)

 最近はテレビ朝日に猛追され「視聴率3冠も風前のともしび」といわれる日テレ。ジャニーズを怒らせたツケは今後、どんな結果を招くのか?

★日テレ「詳細についてはお答えしておりません」=この件について日本テレビに本紙が取材したところ、広報部は「番組制作に関わる詳細についてはお答えしておりません」との回答だった。

 また、アート引越センターを運営するアートコーポレーション広報宣伝部は「日本テレビ様の放送及び構成内容について、当社では答える立場にございません」と回答。

 一方、サカイ引越センターの広報担当者によると「ZIP!」のスタッフからオファーがあり、番組内容を聞いたうえで「協力できるなら」ということで撮影ロケを受けたという。放送後、番組サイドとスポンサーサイドがもめたという話は「特には聞いていない」と話している。