元SDN手束真知子がアキバに「グラドル文化祭」オープン

2015年10月01日 20時44分

元SDN48の手束真知子

 元SDN48の手束真知子(29)がプロデュースするコンセプトスペース「発掘!グラドル文化祭」のプレオープンが1日、東京・秋葉原で行われた。

 

 同店は「グラビアアイドルが毎日、文化祭を行う」というコンセプト。手束をはじめとするアイドル、女優の卵、そして読者モデルなどがちょっぴりセクシーな法被姿で出迎える。この日は満員の客が集まった。

 

 屋台ブースではグラドルたちが心を込めて手作りした焼きそば、たこ焼き、カレーライスなどを提供。ステージではグラドルたちのパフォーマンスショーや撮影会が毎日開催される。焼きそばのいい香りが漂う店内はまさに“女子校の文化祭”だ。

 

 手作り感満載の同店のオープンにこぎつけた手束は「奇跡だと思うくらいのメンバー14人が集まった。女の子のかわいさで勝負です」とGカップの胸を張る。

 

「30歳までにグラドルとしての集大成を形に残したかった。こつこつとためて無借金で作りました」と、競馬予想には定評があるだけに、なかなかの勝負師だ。

 

 秋葉原というグラドルの聖地で店を出したかったという手束は、つんく♂が手がけていた“アイドルカフェ”バクステ外神田1丁目にも通っているという。

 

「もともとモーニング娘。さんに入りたかったというか、今でも入りたい。バクステさんのいいところは盗んでいきたい」とライバルからも貪欲に吸収していくつもりだ。

 

 また、元SDNのなちゅ(30)に同店に遊びに来てほしいという。「もっと言うと一緒にステージに立ってほしい。一日でも立ってほしいですね」と笑った。

 

 グランドオープンは3日から。

関連タグ: