SKE48・チームSの副リーダーに16歳の上村亜柚香が就任 珠理奈「安心して任せられます」

2020年07月19日 23時33分

上村亜柚香(C)2020Zest.Inc.

 アイドルグループ・SKE48のチームSは19日、名古屋市内のSKE48劇場で配信限定の劇場公演「重ねた足跡」を開催。松本慈子(20)、石黒友月(16)、上村亜柚香(16)、北川愛乃(19)、坂本真凛(18)、野島樺乃(18)の6人が出演し、公演の最後にチームSリーダーの松本から上村が副リーダーに就任することが発表された。

 上村は「不安な部分もあるんですけど、任されたからにはしっかり副リーダーという役目を果たしていきたいなと思います。チカさん(松本)と一緒にすてきなチームSをつくっていけるように頑張りたいと思いますのでこれからも応援よろしくお願いします」とあいさつした。

「後輩にもやさしく接してくれて、話しかけやすいしうれしい」(坂本)、「チカちゃん不在のときには率先してまとめてくれて、年もまだ若いのに、人を引っ張っていく力があるのって、才能と人柄だと思うのでついていきます」(野島)とメンバーからは上村の副リーダー就任を祝福する声が相次いだ。

 また、この日の公演には出演していなかった同じチームSの松井珠理奈(23)も自身のツイッターで「あゆか副リーダーよろしくお願いします! 公演後に納得いくものができず、涙を流していたり、アドバイスを素直に聞いてくれたり、特に最近のモチベーションの高さを知っているから安心して任せられます。わたしも卒業まで支えていきますよ。だから安心してね!」とバックアップを誓った。