広島5連敗で最下位転落 佐々岡真司監督「選手は一生懸命にやっている」

2021年06月25日 22時14分

苦しい戦いが続く広島・佐々岡監督

 泥沼からなかなか抜け出せない。広島は25日の中日戦(マツダ)に3―6で敗れた。先発・玉村は5回3失点の粘投。2番手・コルニエルは2回を無失点でつないだが、3番手の塹江が1回を3失点と踏ん張り切れなかった。

 20日のDeNA戦から5連敗。この日、DeNAが勝利したため最下位に転落した。佐々岡監督は「こういう状況だけど、選手は一生懸命にやっている。また明日切り替えてとしか言いようがない。前を向いてやるしかない」と話した。

関連タグ: