田中将大 かつてのチームメート ロッテ・美馬との投げ合いも先制許す

2021年05月22日 15時14分

ロッテに先制を許した楽天・田中将

 楽天・田中将大投手(32)が22日のロッテ戦(ZOZOマリン)で今季6試合目の先発登板。3回二死からマーティン、中村奨の連続短長打で先制を許した。

 楽天時代のチームメート・美馬との投げ合いとなったこの試合。先に点を失ったのは田中将の方だった。

 3回、先頭の9番・エチェバリアをスライダーで遊ゴロ、1番・荻野もスライダーで三ゴロに打ち取り、簡単に二死を奪った田中将。しかし、2番・マーティンに高めに浮いたスプリットを右前打されると、塁上から再三プレッシャーを掛けられ、中村奨の5球目にマーティンがスタートした。

 これがエンドランの形となり、中村奨が外角スプリットをうまくとらえ右中間二塁打。一塁走者・マーティンが一気に生還しロッテに先制点が入った。

関連タグ: