写真の場面であなたならどうする? 何を切る? 下にある【答え】を読む前にまずは考えてみよう。

 2巡目に3筒を持ってきた。どういう方針で進めるか…。

【答え=1萬】麻雀はアガってナンボ、決してテンパイ競争ではない。たとえ出遅れたとしても、追いかけながら十分に戦える形に整えた方が、勝負になることも多い。今シーズン絶好調の二階堂瑠美(風)は、テンパイに向かって一直線というよりも、豊かな構想力で理想のアガリを求めるタイプ。4つある対子の1つを崩す選択には、瑠美らしい戦いぶりが詰まっていた。

 6萬の暗刻に両面ターツ、カンチャンターツが1つずつ。対子を見れば4つあり、方針を定めるのが難しいところだ。ここで3筒を引き、ドラの1筒が使えるようになったことで、瑠美は順子系へとかじを切った。「対子やカンチャンが多く、好形でも十分形でもないので、先手を取られるのは覚悟していました」と時間がかかるのは承知の上。ならば追いつけた時にどう戦うか。「単騎待ちやシャンポン待ちでの分が悪い勝負になるような対子系ではなく、両面待ち等で追いついた際に勝負しやすい順子系を想定していました」と、最終的な待ちの良さを最優先に考えた。

 近辺を引いてもペンチャン、カンチャンにしかならない1萬の対子を切り飛ばすことで方向性を明確にしたが、ここは守備力も考えてのこと。「1萬と南なら、比較的安全度の高い南を残したかった」のも、1萬を切った理由の一つだ。

 柔軟な思考は功を奏した。序盤で想像したように、浅見真紀(ド)から満貫確定の先制リーチ、さらには本田朋広(雷)からもリーチが飛んできたが、瑠美もしっかり食らいつき2枚切れの7索待ちながら追っかけリーチ。一発で本田から出アガリしての1万2000点ゲットは、絶好のカウンターパンチとなった。