お笑いコンビ「スーパーマラドーナ」の武智(45)、田中一彦(46)が6日、大阪市内で結成20周年全国ツアー「なんとか、ここまで来れました」の取材会に出席し、大阪公演(来年2月24日=心斎橋PARCO・SPACE14)でゲスト出演するお笑いコンビ「ナイツ」について語った。

 今回の公演は、9日に名古屋・大洲演芸場、来年2月に福岡、大阪、3月に愛媛、東京での開催を予定している。

 武智は「20周年ということで同期をゲストにしたんです」と切り出した。2人はNSC大阪校22期生でノンスタイル、ダイアン、南海キャンディーズの山里亮太らが同期。その中でノンスタイル、ギャロップ、ナイツ、ダイアンらが出演する。

 大阪公演には他事務所所属のナイツがゲスト出演予定。武智は「ナイツさん、大阪で見れるって、すごくない?ってのがあるじゃないですか」と興奮気味に話した。キャスティングには2人のマネジャーが奮闘したという。

「今の僕らのマネジャーさんが、すごく顔が利くみたいで、ナイツさんとも親交があるみたいで、お願いしてもらい、OKしてもらった」と明かした。田中は「(僕らは)そこまで親交はないですよね」と言い、武智は「打ち上げで1回、塙さんとお話とかさせてもらったり、東京のナイツさんがやってた『お笑い演芸館』(BS朝日)って番組にちょこちょこ呼んでいただいたり」と回想。

 武智はナイツの2人とやってみたいことがあるという。「がっつりトークやってみたいですね。お笑い論とかM―1論とか核心に迫れたらな」とし、続けて「どういう気持ちで審査しているのかとか。漫才ももちろんやっていただきたいですし、単独でね」と目を輝かせた。

 田中はお笑い以外を聞きたいと話したが、ナイツの2人が自分より年下だと知ると「え! ジュース買って来いって言えるかな」と言い出し、武智を驚かせていた。