女優の立花理佐(52)が24日、ブログで2020年に直腸がんと診断されていたことを明かした。

 立花は「私事ですが、2020年に直腸癌と診断され腸、子宮、卵巣、膣の摘出手術を受けました」と告白。先月、手術から3年が経過し「今の所再発も無く順調に回復しています」という。現時点で再発や転移などは見られない。

 闘病に伴い、うつ症状にも悩まされたというが「まだ完全ではありませんが、先月くらいからかなり酷かった鬱も、なかなか思い通りに動けなかった体も急激に自分の中では良くなった気がして、みんなさんに報告しようと思いました」とつづり、病状が好転していることを明かした。

 その上で「友達にも、私のがんを知ってあんなに元気いっぱいの理佐が。。。と言って自分も検査受けてみよう!検査受けたら初期の癌だったという友人が何人かいたので、1人でも多くの人に早くに検査してよかったと思って頂けたらと思います」と早期発見の重要性を訴えた。

 立花は15歳で芸能界デビュー。1987年のドラマ「毎度おさわがせします3」や映画「ビー・バップ・ハイスクール高校与太郎音頭」(88年)に出演するなど、1980年代を代表する人気アイドルで知られる。