実業家の“青汁王子”こと三崎優太氏(34)が22日「X」(旧ツイッター)を更新。DJ SODAに対する性加害を訴えた問題で、自身のユーチューブチャンネルで加害者を名乗る男性2人を顔出しで出演させた意図をつづった。

 2人は21日に配信された動画で2人は名前は出さなかったものの顔出しで出演。「お酒を飲んでノリでやってしまった。申し訳ありませんでした」などと謝罪した。

 ただ、動画を配信することには批判的な意見もあったようで、三崎氏は「昨日の動画の件で、色々な意見を頂きました。僕は直接の当事者ではないですし、賛否両論あるのは当然だと受け止めています。それでも顔出し謝罪を望んだ彼らの誠意に報いたかった」と動画配信の意図を説明。

 その上で「日本が痴漢大国だと世界に誤解されることは悲しいです。一日も早くこの問題が解決することを願います」と今回の問題の早期解決を訴えている。